忍者ブログ
水球あれこれ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



かなりどうでもいいんですけど、
この水球キャップ、なんかかわいくないですか?
実は、こっそりお気に入りです(笑)
PR

水球(すいきゅう,英:Water Polo)は、プールで行われる球技。

概要
七名ずつの二組が、レギュラーメンバー。泳ぎながらボールを相手のゴールに投げ入れることを目的としゴールキーパー以外は片手でのみで試合をする。審判は主審と副審。メンバー交代はゴールを決まった時など自由にできる。

基本的に足のつかない深いプールで行う。静止する場合は巻き足と呼ばれる立ち泳ぎを使う。また体のほとんどは水中にあるため反則は分かりにくく、その結果、掴んだり、蹴ったりが日常的に発生し「水中の格闘技」と言われることもある。

19世紀後半、イギリスで考案された。夏季オリンピックの種目となっている。プールで行うハンドボールと言える。

中学生は5分を4ピリオド、高校生以上は8分を4ピリオド。1ピリオドごとに2分、ハーフタイムは5分のインターバルがある。

水球の歴史〜水球の発祥
水球発祥の国は、イギリス。19世紀半ばにイングランド各地で公衆浴場(プール)が開設されると、そこを拠点とした水泳クラブがいくつも結成される。1860年以降、各クラブでは見世物として水上イベントが盛んに行われ、その中で、当時の駿馬の名前をつけた木製の頭付き樽にまたがってレースを行う「ウォーター・ダービー」などが開催され、人気を博した。またポロからヒントを得て、スイマーたちがスケッグ(水中姿勢安定板)付きの樽に跨り、浮いているボールを追ってパドルで奪い合う水上Polo(ポロ)も行われたとされ、これがWater poloの語源ともされる。注1)  フットボールも時として水中で行われたが,水中では足を使ってボールのコントロールが困難であるため,対峙する2チームは決められたポイント(主にボート)までボールをいかに運ぶかを競い合った.ボールを運ぶにあたっては,あらゆる手段が用いられ,水中での激しいボールの奪い合いが繰り広げられたようである.そしてこの水中で行うフットボールに関して、イングランドのMetropolitan Swimming Association(メトロポリタン水泳協会)が、1870年にFootball in the water(水中フットボール)の名称でルールを制定したのが競技としての水球の起源とされる。その後1888年、Amateur Swimming Association(アマチュア水泳連盟)によって、ほぼ現行と同様の水球競技規則が策定され、イングランドおよびスコットランドにおいて水球が盛んに行われるようになった。さらに1892年には英国における統一ルールが制定され、イングランド対スコットランドの国際試合が行われるなど、競技としての水球がさらに洗練されていく。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
水球
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事